×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 風待ち海道倶楽部とは、隠岐で歴史・文化・自然を活かしたまちづくり(風待ち海道構想)の実現を目指し、活動している団体です。
 現在、<みなと><あさいち><まち>の3つの部会を構成し、日夜奮闘しています。





□新着情報□

<お知らせ>

2009年12月1日に、(社)日本ユネスコ協会連盟が今年から始めた「プロジェクト未来遺産」の発表がありました。
この中で、風待ち海道倶楽部が提案した「日本の記憶が息づく島OKIを守り伝えるプロジェクト」として応募し、今回登録が認められました。風待ち海道倶楽部では、今まで取り組んできたエコツーリズムをベースに、隠岐の成立のプロセスや資源についてこれまで以上にわかりやすく伝え、未来へとつなげていくことを目的に事業を申請していました。

2009年11月28日に、隠岐の島町ふれあいセンターにて、日本ジオパーク認定記念シンポジウムが隠岐ジオパーク推進協議会主催で開催されました。120名余りの参加をいただき、少しずつですが、ジオパークやエコツーリズムに対する意識が高まりつつあるように感じています。翌29日には島内のジオサイトを巡るツアーを開催し、こちらも30名近い方にご参加いただきました。
参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

2009年10月28日に、かねてより隠岐ジオパーク推進協議会として申請していた「日本ジオパーク」に隠岐ジオパークが認定されました。申請にあたってご協力いただきました皆様、ありがとうございました。また、今後ますます気軽に参加できる場面づくりに励みたいと思いますので、積極的にご参加いただきますようお願い致します。


最新更新 平成21年12月2日
 




事務局:隠岐の島町教育委員会

※ 表示されたメールアドレスの@を半角にしてお送りください


Copyright(c):風待ち海道倶楽部
推奨環境:IE5.0以降、フレームあり